アレルギー性鼻炎

アレルギーのイメージ写真

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こすのがアレルギー性鼻炎です。
アレルギー性鼻炎の症状は、主として鼻と目に現れます。なかでも、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが、その3大症状です。

風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。
アレルギー性鼻炎(通年性)の原因は家の埃やダニの糞・死骸などです。
ペットのフケやカビも原因となります。近年、発症の低年齢化が進み、子どものアレルギー性鼻炎が少なからず見られるようになっています。

治療

アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなど、アレルギーの元にできるだけ曝されないようにすることです。
こうした策を講じた上で、抗アレルギー薬の内服や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

花粉症

花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。
ひどくなると、咳、のどや皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。

肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。
原因物質としては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

子どもの花粉症は年々増加してきており、今や大人の発症率と変わらぬ多数の罹患が認められます。
幼児では、症状を言葉で伝えることが難しいため、周囲の大人がよく注意を払ってあげることが大切です。

治療

問診や鼻汁好酸球検査を行うとともに、血液検査によってアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を特定します。
お子様の場合はごく少量で行える、指先から採血ができるものも用意しております。

抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)および薬物療法を中心に進めます。
花粉症治療のベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の内服薬で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを軽くする効果があります。
指示通りにきちんと飲み続けることが大切です。
症状が軽くなったりしても、自己判断で飲むのを中止しないようにしましょう。
また、鼻づまり症状が強い人には、内服薬に加えて局所ステロイドの点鼻薬を併用します。
ステロイドとは言っても、内服薬と違ってごく少量なため、副作用の心配はありません。
目の痒み・異物感などの症状には、抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬を用います。
とにかく症状が出たら早めに受診し、症状に合った治療を始めることが大切です。